常にハイリターンを意識してギリギリの投資を続けていませんか?そんな投資をしていては、いつか痛い目を見る可能性があります。

News
日本円

ギリギリの生活で株をするのは危険

資産運用というのはあくまでも余剰資産で行うことが原則であり、生活がギリギリにもかかわらず投資をするというのは非常にリスクの高いものとなります。
生活が苦しいからこそ、少しでもお金が欲しいと株に手を出す人は少なくありませんが、概してそのような人たちは逆にお金を失ってしまい余計に生活が苦しくなってしまうというパターンに陥りがちです。

株というのは購入をした瞬間に順調に右肩上がりで上昇をするとは限りませんから、購入直後に思った方向と逆に株価が動いてしまった場合、ギリギリの生活をしていた場合適切は対処をすることができないことが少なくありません。
一時的な下落で値が戻ってくることが濃厚な状況であっても、お金に余裕が無いことから万が一のそれ以上の下落のことを考えて底値で損切りをさせられることもあります。
あるいはその逆に少しでも値を戻してから損失を減らしてから損切りをしたいと考えている内にどんどん株価が下落して大きな痛手になってしまうということが少なくありません。

株価はどちらに動くのかわかりませんから、買った直後にぐんぐん上昇して大金を手に入れるということもお可能性としては無いわけではありませんが、そこまで行くとそれはすでに投資ではなくギャンブルになってしまいます。
生活がギリギリの時にギャンブルをしている余裕など無いということは、誰でも理解できることですがそれが株に形が変わると投資という意識を持ってしまうことで、ギャンブルをしていることに気付かないということがあります。
そのため、お金がない状態での株式投資というのはギャンブルと変わりないということをしっかり理解をして、生活がギリギリの時はお金に余裕が出るまで株に手を出すのは避けるようにしましょう。

株投資の心得

中長期的に投資をしていく上で大事なことは、勝ちすぎないこと、そして負けすぎないことです。
勝つにしても、1円でも多く勝つのではなく、だいたいこれぐらい勝てればいいなという程度に目標を置いておくこと、負けるにしても、これぐらいの負け幅にとどめておきたいという最低限のラインを設定しておくことが大切です。
これには理由があり、下手に勝ちすぎると人間は欲が出てくるので、見境がなくなり、もっと稼ごうという意識になり、結果として失敗しやすくなります。
一方負けすぎてしまえば、次に挽回する機会までに時間がかかります。
負けたとしても、その経験を生かせばいいのですが、それを生かす機会が遠のき、次の機会までには忘れていることもあります。

長く投資を続けていくには、その場では勝ったとしても次で大負けしては次がないということを最初に勉強しておくことです。
こうした訓練ができるのは競馬などのギャンブル、もしくはラスベガスやシンガポールにあるようなカジノです。
わずかに勝っていたとしても、大負けしてしまえば意味がないですし、多少負けても一気に大勝ちしてしまえば今までの負けは吹き飛びます。
程々に勝つことも程々に負けることも長く投資を行っていくことを考えれば必ず覚えておくべきことです。
投資をしていく中で、奇跡的な大勝ちや、様々な不運が重なっての惨敗など色々とあります。

しかし、それの原因を精査していく中で、十分に手を尽くしたうえでの儲けなのか、それとも成り行きまかせによる大損なのか、しっかりと検証をしていかなければなりません。
それを突き詰めれば、大勝ちの意識もあまり思わなくなり、大損に対する怖さも出てきて堅実さが出てくることになるでしょう。

いい株と悪い株の見分け方

取引におけるいい株と悪い株の見分け方はそれほど難しいものではありません。
ただ、注意をしなくてはならないのは株を投資と捉えて取引をするのか投機と考えて取引をするのかで株の良し悪しが全く変わってきますので、自身の取引スタイルと合わせてしっかりと考えなくてはいけません。

一般的に、株の取引は長期の目線で行うのかそれともデイトレードのように短期の目線で行うのかで取引スタイルが異なりますし、基準とする指標や情報も異なってきます。
特に、近年は短期的な利益を求める投機が非常に盛り上がっている傾向にありますので、短期的な目線で株と付き合っていく人が増えています。
短期の目線で取引を考えるのならば何よりもまずその銘柄が現状で売られ過ぎなのか、それとも買われ過ぎなのかをしっかりと考えなくてはいけません。
短期的な目線で考えていくと重要になるのはその場その場の市場に参加する投資家の考え方になります。
短期的な目線で考慮すると将来的にどれだけ業績が上がるのかがわかっていたとしても短期的に下がるのであればそれは良い銘柄とは言えなくなります。
投機的な目線で取引をする際には目先に良し悪しを一番に考えなくてはならないので、そうした基準で指標や情報を確認し、銘柄を決めてデイトレードすることが大事です。

そして、長期的な目線で取引をするのならば逆の考えで現状株価が下がっていたとしても長期では株価が大きくなるような銘柄を探さなくてはなりません。
長期的には業績が上がることがわかっていればそれは良い銘柄になりますので、難しく考えずに素直に会社から発表されるIRなどを参考にすれば良いでしょう。

このように良し悪しは投資家の取引スタイルに依存する傾向が強いことを忘れないようにすることが大事です。